会社の違いが判らず調べずに決めてしまう管理会社変更

会社の違いが判らず調べずに決めてしまう管理会社変更 賃貸などの管理は管理会社に委託する方法が一般的です。
管理会社はとてもたくさんありますが、よく名前を聞いた事がある管理会社もあります。
管理会社の主な仕事は賃貸物件などの管理なので、貸主としては安定して収入がある方が良いことになります。
どこの管理会社がいいのか、今委託しているところで問題なければいいですが。
例えば空室がある状態が続いている、滞納者から支払いがないといった事が続いているなら管理会社変更をするといいです。
しかし管理会社の違いが分からないことからそのまま管理会社変更せずにいることもあります。
管理会社の違いを調べる方法は簡単なことなので一度確認して見て変更を検討してみるといいです。
確認の方法は、空室の期間が長い場合管理会社へ平均的な空室期間を確認してみることです。
また滞納者から支払いがない場合も、平均的な滞納期間を確認します。
通常1ヶ月は支払い忘れもあり滞納とは言えないこともあり2カ月を超えているような場合は管理会社として督促が不十分なこともあります。

削減した分を還元してしまう

削減した分を還元してしまう 不動産管理における管理会社変更のメリットとしては、管理委託費の大幅な削減があります。
管理会社変更によって決まった新しい管理会社から、管理委託費が安くなった分を各世帯に還元して管理費を下げてはどうか、というアドバイスを受ける場合があります。
これは良いアドバイスだと捉えて、言われた通りに還元してしまい、管理費を下げてしまうケースがあります。
しかし、そうしてしまうと新しい管理会社のサービスが始まれば、驚かされることが多くなります。
物件担当者は素人同然の契約社員で、やる気のない新しい管理人があてがわれることもあります。
マンションの改修が迫っていた場合、新しい管理会社に相談すると、お金を払って別契約を結ばないと相談に応じてもらえないということもあります。
そして文句を言えば、この値段でこのサービスならマシなほう、といった旨の話を返されてしまいます。
そして、これでは埒が明かないと感じ、また管理会社を変えないといけないハメに陥ります。
不動産管理について慎重に取り組むのであれば、管理会社変更を実施した後の状況について、十分に吟味しておく必要があります。