新たに管理会社変更先を見つけるポイント

新たに管理会社を見つけるポイント マンションの区分所有者になると、そのマンションの管理会社の方と接する機会が増えてきます。特に管理組合の理事になると頻繁に接して各種相談をすることになります。
マンションの管理費及び修繕積立金の運用をするにあたり、もちろん頼りになる管理会社が相談相手であることの方が望ましいです。現状管理をしている管理会社に不満があれば、一定の区分所有者の賛成意見があれば、管理会社変更をすることができます。
管理会社変更をするにあたり、まずは新しい業者を見つけることが必要になります。現在、不動産の管理を支援してくれる業者は結構たくさんあります。その中でおすすめの業者を見つけたいと考える場合は、インターネットの不動産管理業者の比較サイトを参考にすることをお勧めします。
このようなサイトでは、実際にマンション管理を委託している経験者の方の口コミ情報などが掲載されていることがあるので、業者選定の際にたいへん参考になります。

管理会社変更にあたり必要になる解約通知

管理会社変更にあたり必要になる解約通知 最近は、分譲の管理会社を選ぶケースが増えています。管理会社を変更するには、新しい管理会社と契約し、さらにこれまでの管理会社との契約を終了させます。
管理会社変更の際は、変更の目的をはっきりさせることが重要です。
そして居住者に通知書を配布し、理解してもらう必要もあります。今、契約中の管理会社には、国交省が作成している標準契約書に記入して、3か月前までに解約通知を提出します。通知を行えば、契約期間中でも違約金は発生しません。特に契約満了を待たなくても、管理会社変更はできます。
所有しているマンションに適した管理会社を探すことができれば、その後の契約はスムーズに運びます。注意点として、理事会のメンバーが入れ替わる時に、管理会社を変更しないことが大切です。
なぜなら、管理会社と理事会の人間が同時に入れ替わると、旧管理会社と新しい管理会社との契約内容やその経緯がはっきりしなくなるからです。また管理会社の変更に伴い、管理会社が不在になることがないように気を付けます。