失敗例から見る管理会社変更で気を付けたい事

失敗例から見る管理会社変更で気を付けたい事 管理会社変更を検討する時、失敗例から学ぶ気をつけたいことをまとめてみます。管理会社変更を考えた際は、業者による説明会を開催しますが、そこに来た営業マンの印象で決めてはいけません。
営業マンと実際に管理を行う人物は別人のことが多いため、説明会には実際に管理を行う人物に来てもらうのがおすすめです。
管理組合の理事が全員、管理会社変更を望んでいる訳ではない場合がほとんどです。そんな時に、変更を推し進めてしまうと、管理組合がバラバラになって機能しなくなることがあります。
管理会社をランキングだけで決めるのは危険です。管理会社にはそれぞれ得手不得手があり、大手のマンション管理に向いているところや小さいマンションの管理に向いているところがあります。
大切なのは、管理組合との相性です。
管理会社により業務の内容が異なる為、見積もりを取る際にはより細かなチェック項目を作成する必要があります。
管理会社変更を行い、安くなった管理費を各戸に還元してしまうと、もし管理会社が不適切だった場合に取り返しがつかないので、管理費が安くなっても還元しない方が良いです。

営業マンの印象で決めてしまうのは危険

営業マンの印象で決めてしまうのは危険 自分が住んでいるマンションの管理会社のフロントマンや管理人の対応が悪く対応が遅い、おまけに態度が横柄といった苦情は一般的にマンションの管理組合の理事会に寄せられます。
理事会の理事はマンションの区分所有者である「組合員」で構成されていて、基本的に任期1年から2年の「輪番制」となっています。
こうした居住者からの苦情や理事会として、管理会社の管理費が不透明でサービスが割高であると判断される場合や管理会社からの適切なアドバイスが無く、質問しても適切な回答が得られないなどのことから管理会社変更を理事会で決断する場合があります。
管理会社変更の手続きには、マンション管理に関するアンケートを全組合員対象に実施することや最終的に全組合員が出席する「総会」で管理会社変更を諮り、承認されねばなりません。
その際、理事会として注意したいのは、新たに委託するマンション管理会社を営業マンの印象で決めてしまうことです。
それは、どんなに好印象の営業マンであったとしても、実際に現場にくる管理会社の担当者は全くの別人であるということです。
従って、営業マンの営業トークで理事会として管理会社変更を決断してしまうのは大変危険です。